フリー化が加速!「0円タクシー」始まる!

今回の取り組みは、タクシー業界だけではなく、スペースを有する飲食業界やホテル業界などに横展開されていくのではないでしょうか?

12月5日(水)、DeNAによる次世代タクシー配車アプリ「MOV」(モブ)の始動に伴い、乗客の利用料金が無料となる「0円タクシー」の走行を開始することが明らかになりました。期間は2018年12月5日(水)13時から、12月31日(月)22時まで。

毎日7時から22時まで限定50台で、東京都内の渋谷区、新宿区、港区、中央区、千代田区付近であればアプリ経由で配車を手配し、東京23区全域までの乗車は無料で利用できます。

スポンサー契約が可能にした「0円タクシー」、初回はどん兵衛

「0円タクシー」は、契約スポンサーと「MOV」の広告宣伝費によって実現する、乗客が支払う利用料金を無料にするフリービジネスモデル。

スポンサーは、「MOV」で配車できるタクシーの車体ラッピングや車内での自社商品、サービスの宣伝を行うことができます。

乗客はそれによって、「0円タクシー」が乗車可能範囲内にあればアプリから配車を手配して、無料でタクシーに乗車することができます。

「0円タクシー」の初回スポンサーは、日清食品の人気インスタント麺ブランド「日清のどん兵衛」。

期間中、ラッピングされた「どん兵衛タクシー」を無料で利用できることに加え、12月26日(水)から12月31日(月)までの期間に乗車した場合は「日清のどん兵衛 天ぷらそば」がもらえるとのこと。

「PROJECT MOV」、AI探客ナビも実現の予定

0円タクシーは、新たな移動体験を様々な形で実現するDeNAによる取り組み「PROJECT MOV」の第一弾として開始されます。

「PROJECT MOV」では今後、好みの車種やユーザー評価の高い乗務員を選択できる仕組みなどの提供も予定で、2019年2月からはタクシー車内の乗客向け後部座席タブレットを設置、3月までに15,000台の搭載を目指す。

将来的には、アプリ「MOV」で配車をした方だけでなく、導入車両に乗車する全ての利用者にQRコード決済機能や最適なコンテンツ配信をおこなうための性別・年代推定機能、提供コンテンツ拡充などを実施する予定としている。

また、AIを活用してタクシーの需給予測をしながら経路をナビゲーションするシステム「AI探客ナビ」(仮称)も導入予定。乗務員をリアルタイムかつ個別に乗客の待つ通りまで誘導することで、タクシーの運転手は目的地入力をすることなく効率的に乗客を探すことができ、乗客はよりスピーディにタクシーを捕まえることができるようになるとしている。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

    wpChatIcon