人工知能(AI)って気になるけど、誰にどう相談したらいいの?

第3次AIブームといわれている昨今。

AI導入を導入したい。AIって気になるけど、誰に聞いたらいいの?

という企業も少なくないようです。

今回は、相談するにあたって、依頼するにあたって、明確にしてほしい観点がありますので、そちらをまとめさせていただきました。

まずは、目的から!

相談の仕方は、目的によって異なりますが、AIリテラシーをあげることが重要になります。
その上で、相談をする際の目的として、大きく分けて4つに分類できると考えています。
目的を明確にしてから連絡しましょう!

目的1.特定のAI技術を調達したい
目的2.AIを企画、マーケティングで活用したい
目的3.課題解決のためにAIを活用したい
目的4.競合のAI導入状況を知りたい

目的ごとの行動

目的1.特定のAI技術を調達したい

そのほしい技術を持っている会社に連絡してみよう!
例えば、「画像分析 AI」と調べれば、上位にでてくるはずです。

目的2.AIを企画、マーケティングで活用したい

AIを活用した企画や、マーケティングが可能な会社を探しましょー!
場合によっては、AIなしでもマーケティング会社に相談してみるほうが早いと思います。(広告手法に”AI”というワードを用いたいという前提)

目的3.課題解決のためにAIを活用したい

コンサルティングノウハウを持つ、開発会社に相談するのが良いでしょう。ビジネスサイドだけでなく、エンジニアリングにも精通していることが重要です。代表例は、弊社アローサル・テクノロジーと、レッジさんですかね。

目的4.競合のAI導入状況を知りたい

シンクタンクのような膨大な会社情報を持つ会社に相談するのが良いでしょう。もしくは、データ調査や分析に特化した会社に依頼するのもありです。野村総研(NRI)さんなどは、情報を貯めていると思います。

今回まとめたのは、目的を明確にして、目的別に相談しようという入り口の話しです。
次回は、もう少し具体的な相談の仕方をまとめたいと思います。

以上に当てはまらない人、少し行動するには気が引ける人は、アローサルまでお気軽にご相談ください!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。