【無料資料あり】他人に自分の昼食を食べられてしまう時代

今回は、下記のNewsPicksの記事を元に、「他人に自分の昼食を食べられてしまう時代」についてお伝えいたします。
下部に資料をダウンロードできるようになっています。

【徹底解説】YouTubeより稼げる「ライブ配信」の最新トレンド
https://newspicks.com/news/3378722/body/
※有料版記事

上記の記事の概要をお伝えしますと、キャバクラ嬢やホストがライブ動画配信アプリの「17 Live(イチナナライブ)」にこぞって参入していて、ライブ動画配信市場が白熱している記事です。

動画といえば、「tiktok(ティックトック)」も若者を中心に流行しているショート音楽動画コミュニティとして盛り上がっていますし、投げ銭モデルを確立した「SHOWROOM」も有名です。

映像配信は、昔はテレビがあたりまえでしたが、現在はYoutuber、Vtuberといったようにオンライン上のタレントやキャラクターが増えてくるようになりました。そして、17 Liveやtiktokのような動画配信プラットフォームが充実し、かつiPhoneなどのカメラの性能があがったことにより、一般の人が誰でも動画配信できる時代になりました。

NewsPicksの記事をグラフ化してみました。

ホリエモンこと堀江氏が著者の「多動力」でもあったように、業界の壁が溶け、業界を跨いで活躍する人が増えています。

そして、冒頭であげた記事にあるように、ホストやキャバ嬢が参画し、オンライン上でお客さんやファンとつながるようになり、かつ店舗にも足を運んでもらえるような導線ができつつあります。

他人の昼飯を食べられてしまうというのは、

「自分の業界の顧客が、全く別の業界からの参入企業に奪われてしまう」

ということをことを意味しています。

自社の業界、市場は確立されていると高を括っていると、今回のように業界を横断できる人材に侵食されます。
アプリやツールを有効活用する人材が業界を横断していきます。

そんな時代になっていますが、みなさんは対策されていますか?

AROCHANでは、みなさんにわかりやすくお伝えするために、記事情報をグラフ化したり、資料を公開しております。
ぜひ、ご自身のビジネスで活用されてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。