映画【億男】ビジネスマン的考察 ※ネタばれ注意

皆さん現在公開中の映画『億男』はご覧になられたでしょうか?

私は早速観に行ってきたので簡潔にまとめて、考察していきたいと思います。

というのも、東京でビジネスをしている方々でしたらとても身近なストーリーとなっており、資本主義の中で生きている私たちにとって切っても切り離せない「お金」が題材になっております。
映画館に行くほど興味ないという方や、忙しくて観に行けない方はこの記事を読んで「お金」について改めて振り返ってみてはいかがでしょうか?

ストーリー

兄の借金3000万を肩代わりした主人公「一男」は、その借金のせいで妻と娘と別居状態になってしまった。自分の生活費と別居中の家族の養育費支払、更に借金の返済を行うために昼夜仕事に明け暮れていた。
ある時、たまたま手に入れた宝くじ券が3億円の当選になり、一気に億万長者となる。高額当選した人の悲しい末路を聞いた一男はECサイト「バイカム」を運営するIT企業売却し億万長者となった大学時代の親友、九十九にお金の使い方について相談するがその親友が3億円と共に姿を消してしまう。
一男は借金を返し家族ともう一度一緒になるために親友と3億円の行方を捜すのだが、その中でお金に翻弄されながら、本当のお金とは何かを知っていくことになる・・・。

登場人物

・一男 3億円を手に入れた主人公
・九十九 IT企業の社長
・百々瀬 IT企業の元CTO
・千住  IT企業の元CFO
・十和子 IT企業の元ビジネスパートナー

小さな手掛かりから一男は九十九の会社の元役員陣にたどり着く。上記がキーパーソンとなる登場人物で、1人1人癖はあるがお金とは何なのかをそれぞれから教わることになる。
それらの教えを1つずつ紹介していきたいと思います。

百瀬(元CTO)

百瀬は競馬場で初めて会った一男に100万円を渡し、ギャンブルをさせた。その100万円が1億円になったところでその1億円を全額賭けさせるが、一男は借金分の3000万円はとっておきたいと主張する。がしかし、強引に全額賭けさせその1億円が0円になってしまい一男は落胆する。
正味、30分程度の時間で100万円が1億円に増え喜ぶが、すぐに無くなり一男は百瀬に対して憤りと憎しみを覚えた。

このシーンから百瀬が伝えたかったことは、『お金など人間が作った虚像であり、ただの数字でしかない。』ということだろう。元々自分の100万円ではないので、それが増えても減っても元々持っていなかったのだから感情が動くのはおかしな話だということでしょう。

【まとめ①】
お金には人間の理性を失わせてしまう性質がある。

千住(元CFO)

千住は宗教じみたお金のセミナーを行っており、受講者から詐欺まがいのやり口でお金を巻き上げるビジネスをしている。
一男はそのセミナー会場の楽屋にて、詐欺の実態を目撃し千住に『そんなことをしてお金を稼いで良心は痛まないのか?』と問いかける。
千住はそれに対し、『受講者はお金を捨てて幸せな気分で帰っていき、自分は捨てられたお金に価値を見出し拾っているだけ』と返した。

【まとめ②】
お金の価値は所有者が決めるもので、1万円=1万円の価値ではない。

十和子(元ビジネスパートナー)

元ビジネスパートナーの十和子は10億の資産を持つが、こじんまりとした都営住宅に居住を構え質素の暮らしていた。そこに訪ねた一男は、なぜお金があるのに質素な生活をしているのだろうかと疑問に思ったが、その理由は十和子の過去にあった。十和子は過去にお金を持った様々な男性に高値で自分を買うと言い寄られていた事があったのだが、人に値段をつけるというそれらの行為に飽き飽きし、今現在お金に対し全く興味のない男性と結婚しお金に縛られることのない”楽”な生活を送っていた。

【まとめ③】
お金は人を人として見ることを難しくしてしまう。

九十九(IT企業社長)

最後に、一男の3億円を持ち去った張本人の九十九。
ストーリーのクライマックに九十九は一男の前に3億円と共に姿を現す。
九十九が3億円を持ち去った理由は、自分自身が会社を売却して大金を手に入れたが、仲間や事業を失ってしまいお金以外何も残らず虚しさを感じたからである。その経験を親友の一男にはしてほしくない、本当の幸せとはお金では手に入らないという事を伝えたかったのと同時に、自分の幸せの哲学が正しいのかどうか検証したかったのだ。
九十九が一男の目の前に現れた時、一男は『お前がお金を盗むはずがないとずっと信じていた』の一言で、九十九は自分は正しかったと再確認するのである。

【まとめ④】
本当の幸せはお金とは別のレイヤーに存在している。

最後に

以上、映画『億男』から学べることをまとめてみました。

今回の映画は、メルカリのようなECサイトのバイアウトを描写していて多少なりともIT業界の方は楽しめる映画になっているんではないでしょうか?
また、東京で事業を行っている社長には馴染みのあるテーマで『港区女子』や『麻布』等もエッセンスとなっており凄く身近な物語になっているので、改めて『お金とは?』『仕事とは?』考えさせられますね。

近年では、ブロックチェーンなどによりお金の形が変わり、世代交代により何に価値を見出すかが変わってきています。
時代が変わっていくにつれ、欲求が多様化し『幸せ』の定義も多様化しているように見えますが、今も昔も本質的に価値があるものは変わっていないのではないでしょうか?
目先のモノに踊らされず、且つイノベーションを起こし、時代を感じながらバランスをとって『幸せ』とは何か追及していくことはとても難しいですね!
だけど、難しいからこそ人生は楽しいのかもしれませんね!

※だいぶ端折ってしまっている部分があるのと、私の主観が入ってしまっているので気になる方は是非鑑賞することをおススメします!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。