身近なAI導入事例ってある?

人間と同じように会話ができたり、勝手に物を運んだり、日々驚くようなニュースを見ることが多くなってきましたね!
そして、各企業も業務にAIを導入しようと動いていますが、実際のところAI導入って何してるの?とイメージが湧かないよという方のために今回はAI導入事例をご紹介していきたいと思います。
弊社の予想では、数年内に企業のAI導入検討数はピークを迎えると見ており、AI導入市場は活況になると思われます。今から、自社にAIを導入する場合どういったアプローチができるか参考にしてみてくださいね!

1.コールセンター

有名どころだと三井住友、みずほ、三菱東京UFJの三大バンク全てのコールセンターにはIBMの人工知能Watsonが導入されています。
お客様からのお問い合わせ業務はAIと代替えが比較的容易に効く業務であり、オペレーターの一部の業務をAIで行いオペーレーションを効率化したり、AIチャットボットで無人でも対応できるような施策が行われております。
お問い合わせ業務はどの会社でもあるので検討してみてはいかが?

2.クリーニング屋さん

クリーニング屋さんもAI導入しております。とあるクリーニング屋さんでは、本来人間が行なっていたクリーニングする洋服の種類の選別をAI(人工知能)が判別し、セルフで受付するシステムを開発し導入に至りました。これにより受付業務は大幅に効率化されスタッフは別の仕事に時間を使うことができ、顧客満足度がかなり上がったそうです。将来的には、配達もAIで行うそうです!

3.タクシー

皆さんが普段使うタクシーにもAIは使われております。
AI(人工知能)を使い、未来のタクシー需要予測の情報を配信するサービスで、人の流れがリアルタイムにわかる携帯電話ネットワークの仕組みと、タクシーの運行データなどを用い、AI(人工知能)技術を利用してタクシーの需要を予測をするというものです。人の流れがリアルタイムでタクシードライバーに提供されるので、需要と供給のマッチング向上による効率的なタクシーの運行の実現が期待できます。
これにより、私たちがタクシーを待つ時間が大幅に削減されているそうです!

4.マーケティングツール

マーケティングもとてもAIと相性が良いカテゴリーです。業務効率化だけではなくこちらも導入することによって費用対効果の高いマーケティングが行うことができます。
具体的な例としては、アドテクノロジーで1000分の1のスピードで広告を配信したり、ユーザーのターゲティングによって趣向にあった情報を瞬時に届けことができるようになっています。最近よく見かける、マッチング系の技術もAIを活用してますね!

5.レストラン

IBMによリ開発された、AI(人工知能)のクッキングコンピューター「シェフ・ワトソン」は膨大な量のレシピデータをクロールし、分子レベルで食材の特徴や組み合わせの良し悪しを学習し「美味しさ」を研究することで、調理方法や料理のスタイル、盛り付け方などもパターン学習します。つまり、美味しい組み合わせを、どこの一流シェフよりも沢山知っているのが「シェフ・ワトソン」だと言えるでしょう。
調理はまだAIが行うことはできませんが、気づかないうちにAIが作ったレシピのご飯を口に入れているかも?

様々なところにAIは活用できます

一般的に知られているAI導入事例だけでなくAIが導入できる幅はどんどん広がっております。
AROUSALTech.ではこんなことにAIは使えるの?これってどうかな?技術的にこういうことは可能?等の小さな質問から、予算や開発期間、将来のAI市場を考慮した上での経営戦略などの専門的なご相談まで丁寧に対応いたします。

お問い合わせはこちらから!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

    wpChatIcon