AI、データ解析に使用されるPythonは、どうやって勉強する?

人工知能やデータ解析に触れていくと、必ずといっていいほど出てくるプログラミング言語の「Python(パイソン)」

今回は、コーディング初心者でも比較的学びやすいPythonについての記事です。
私自身も最近Pythonの勉強をはじめたので、勉強方法についても説明させていただきます。

そもそもPythonとは?

Pythonとはプログラミング言語の1つです。

Python自体は1991年から使用されている歴史的には古い言語ですが、ビッグデータ解析や人工知能の第三次ブームの引き金となったディープラーニングの影響で、再注目されている言語となります。
人に分かりやすい文法が特徴で、非常に広く使われているため、学習するための本やサイト、実行するための環境が整っています。

また、Pythonには、確率や統計処理などのプログラムを一から開発することなく構築できるためのライブラリが豊富です。
ライブラリとは、図書館の”library”からきており、「使用用途に応じてまとめられた便利なプログラム郡」です。

Pythonの勉強法

Pythonに限ったことではないですが、プログラミング言語を学ぼうとしたら、初心者向けの勉強会やスクールがあります。

スクールで短期的にガツッと学ぶことも良いですが、まずは初心者でもOKな勉強会やコミュティに参加して、自分のペースで自分にあった勉強法を探すのがおすすめです。いくつか勉強会やコミュティのプラットフォームをご紹介しておきます。

1.connpass – エンジニアをつなぐIT勉強会支援プラットフォーム
 https://connpass.com/

2.TECH PLAY – IT勉強会・セミナーなどのイベント情報検索サービス
 https://techplay.jp/

3.Doorkeeper – セミナー・勉強会・イベント管理ツール
 https://www.doorkeeper.jp/

私もはじめは上記のサイトから「Python」で検索して、自分に合いそうな内容を探しました。
結果的に、「ストアカ」という”教えたい人と学びたい人をリアルにつなぐCtoCのまなびのマーケット”へいきつきました。

ちなみに、私が受講したのは下記です。日付が過ぎていますが、ご了承ください。

【未経験・初心者限定】Pythonから飛び込むプログラミングの世界
https://www.street-academy.com/myclass/39732?sessiondetailid=397626

Pythonを実行するための環境は?

プログラミングするには、開発環境を準備する必要があります。
こちらはプログラミング言語ごとに環境構築する必要があり、経験が無い方は大変苦労すると思います。

上記のストアカで受講した際に教えていただいたのですが、Googleが「Google Colaboratory」というPythonを実行するための環境を用意しています。さすがGoogleさま!!!患わらしい開発環境構築を行うことなく、WEB上で実行できます。

また、データを「学習させる」ということがでてくるのですが、「Google Colaboratory」ではGPUを使って処理することができます。GPUとは「Graphics Processing Unit」の略で、3Dグラフィックスなどの画像描写を行う際に必要となる計算処理を行う半導体チップ(プロセッサ)のことです。

普段使用されるようなPCに搭載されている半導体チップはCPUと言われるもので、GPUより処理性能は下がります。ですので、「Google Colaboratory」を活用してPythonを勉強することをおすすめします。

おわりに

プログラミング言語の勉強方法はさまざまです。
そして、元も子もないようなことをいいますと、いずれ人工知能(AI)が自らプログラミングを行う時代がきます。

技術の進歩が目まぐるしく、日々ルールが変わります。3年以降を予測することに意味はないという人もいます。

大切なのは時代を先読みしながら、人工知能(AI)が苦手な領域を理解し、自分の強みを伸ばし、できる領域を広げていくこと。
いろいろ記事がまとまっていますが、AIに奪われる仕事、奪われにく仕事に関しても今後とりあげていこうと思います。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。