VR内を歩き回るサンダル型デバイス「Cybershoes」登場!

2018年10月よりKickstarterプロジェクトが立ち上げられていたVR歩行デバイス「Cybershoes」のクラウドファンディングキャンペーンが、目標額の7倍を上回りながら終了しました。

このデバイスは、回転椅子に座りながら使うというアイデアでコストの削減とユーザビリティの高さを実現したVRフットウェア。これを使うことでVRゲーム内での歩行を少ない負担でよりリアルな体験を伴うものにすることが可能で、キャンペーンページでは実際にこれを使用しながらゲームをプレイする様子を収めた映像などが確認できます。

ユーザーは小さいスキー板のようなデバイス「Cybershoes」を両足に装着します。これだけで、「Fallout VR」や「VRChat」といったコンテンツの中で自由に動いたり、一歩一歩進むということもできるようになると謳っています。

Cybershoesはユーザーの足の動きをセンサーでトラッキングしています。体験者は、柔らかい表面であればどこでも、足を滑らせるように動かすだけでVR内での歩行が可能です。VR内で歩くときに現実で立つ必要もなく、その代わり360度回転する椅子に座り、歩いたり走ったりするように、床の上で足を滑らせるだけでよいのです。

VRの中で動き回る際の問題の1つに、「VR酔い」が挙げられます。これは、実際に目で見て感じていることと、内耳や体が体験していることのズレから生じるとも言われています。

VR酔い対策として、VRの中で動く際に”テレポート”を使う「Budget Cuts」のようなコンテンツもあります。動かずに移動できるためVR酔い対策にはなりますが、実際に体を動かしてVRを体験する、という楽しみはなくなってしまいます。

しかしCybershoesがあれば、テレポートを使わなくても実際の動きと一致したVR体験が楽しめる、とメーカーは謳っています。このデバイスはまだ開発段階のため、体験者の中にはCybershoesで動いて気分が悪くなった人もいましたが、今後改良が行われる予定とのことです。

VRの課題をぜひ解決するアイテムになることを祈ってます!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。