ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、一般的にIT業界において使われる言語で主に他社とのデータ取引を行う際の技術の事を言います。現在はビットコイン市場において使われるケースが多いようです。

IT業界にはプログラミングのデータ、システムの統計データなど数多くのデータが存在しますが、ビットコインのデータの取引履歴はトランザクションと呼ばれていて、そのトランザクションを回収したものをブロックと言います。ブロックが積み重なるように増えていく様子から、ブロックチェーンと呼ばれるようになりました。

積み重なった状態だと管理しづらいといった観点から、ブロックチェーンはフォルダを分けて管理されるのが一般的で、ビットコインユーザーのコンピューターシステムに分散してデータが入ってきます。管理機関というものは存在しない為、データのアクセスに多くのユーザーが集中するというような事は回避することができます。

その為サーバーがダウンしてしまう危険性は少なく、コストも抑える事ができると言われています。ブロックチェーンの仕組みですが、ビットコインのユーザーが管理しています。これはピアツーピア方式と呼ばれており、ユーザー同士で密に連絡を取り合う事によって、急なデータの出し入れにも対応できるというメリットがあります。しかしデメリットも存在します。

データが分散型ですから、一度にデータをまとめて管理するという事はできず、すぐにビットコイン市場の流れを把握するという事は困難と言えるでしょう。そのデメリットを少しでも解消する為にビットコインのデータの承認作業を時間ごとにまとめて行うという方法が取られているようです。ブロックチェーンの取引の際は多くの暗号や関数が使用されます。

取引情報はユーザー同士が、取引相手と契約を結ぶ事により管理されているデータな訳ですから、暗号化するという形式をとっています。トランザクションには資金の送金情報や、いつ取引を行ったかなどのデータが含まれており、それがブロックとなる訳ですが、この時点ではデータはオープンな状態となっており、ユーザーは誰でも見る事ができます。

しかし、取引の具体的な内容はハッシュ関数によって暗号化されているのです。ハッシュ関数とは、規則性のない文字列が並んでいるもので、元のデータの文字列を乱雑に組み替えているので、悪質なユーザーから、取引情報をハッキングされないように守る事ができます。取引情報は厳密に管理されているブロックチェーンですが、取引の履歴に関しては暗号化されておらず、すぐに確認する事ができます。履歴というのは具体的に、取引成立の際のビットコインの量、取引件数などです。

時系列ごとに分かれていますので確認作業も手短に済ませる事ができます。取引作業を進めていく段階で新しくブロックを追加したい場合は、取引情報にハッシュ関数を使用し、自分で暗号化する必要があります。ブロックが追加されるまでは時間を要します。理由としては、承認作業が行われる為です。ブロックを追加したユーザーが不正な操作を行っていないか、不正な情報ではないかなどのチェックが行われているのです。

そして承認という事になればビットコインが新たに発行され、そのユーザーに報酬としてビットコインが支払われる事になります。ブロックチェーンは他にも、証券や資産管理といった金融関係の取引にも導入され始めています。通常、株式取引というのは、自分が保持している株式を売買した後、その取引情報を台帳に残しておくのが一般的ですが、その台帳を厳密に管理したいという事からブロックチェーンが使用される機会が多いようです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

    wpChatIcon